コントロールジェルMEの効果的な使い方とは!

コントロールジェルMEの効果的な使い方

 

コントロールジェルMEの効果的な使い方は、4つあるといえます。

 

@毛を処理して毛の流れに逆らうように塗る

毛を処理したあとに、毛穴に入りやすいように塗るのがベター。

 

これは、最初にコントロールジェルMEが送られてきたときに同封されていた紙に書いてありました。

 

私は読んですぐに捨ててしまったので、ちょっと画像を借りてきました。

 

コントロールジェルMEの効果的な使い方を説明します!
引用元:http://plantel-m.com/

 

A毛穴の汚れがない時に塗る

毛穴が汚れていると、有効成分が浸透しにくくなります。

 

毛穴がキレイなほうが邪魔するものがないので、グングンと入って行くのは当然ですよね。

 

B毛穴が開いている状態で塗る

毛穴が縮こまっているよりも、開いているほうが有効成分が浸透しやすくなります。

 

入り口が狭いよりも、広いほうが良いに決まっていますよね。

 

C1日2回が基本

数回に分けてぬると、定期的に有効成分が働きかけるのでいいですよね。

 

ただ、あまり塗りすぎても意味がないので、1日2回が基本です。

 

もしも、1日に1回しか塗れない時には、夜にしてください。

 

寝ているときに毛を作る細胞や男性ホルモンが活性化するので、押さえる働きがあるとされる抑毛剤は、そこで使うべきだといえるからです。

 

 

この4つのポイントが、コントロールジェルMEの効果的な使い方だといえます。

コントロールジェルMEの効果とは

抑毛についての効果は、『ムダ毛を根絶!!パイナップル豆乳ローション』という、医学博士の高濱素秀氏が監修をされている本に、分かりやすくイラストが挿入されています。

 

左側の毛は活き活きとしていますが、右側の毛は弱々しくなっているのが分かりますよね。

 

大豆の成分のパワーで、このようにムダ毛にアプローチしてくれるわけですね。

 

 

塗った翌日に変化を感じるわけではありませんが、毛母細胞に働きかけるムダ毛対策というのは、脱毛と抑毛以外には今のところありません。

 

 

この画期的な方法は、娘にも大きな変化をもたらしてくれました。

まとめ

コントロールジェルMEの効果的な使い方には、4つのポイントがあります。

 

それをマスターすれば、効果は倍増する可能性が高いので、実践してくださいね。

 

あなたのお子様のムダ毛にも、効果的にアプローチしてくれると思いますよ。

 

ちなみに、うちの娘のコントロールジェルMEを使った口コミ体験談は、こちらになります。

 

⇒コントロールジェルMEの効果!使った結果を口コミします

このエントリーをはてなブックマークに追加