子供が毛深くて「どうにかして」って言ってきた

子供が毛深いのでどうにかしてって言ってきた

 

子供が毛深いことに気が付いて、「このムダ毛どうにかして…」というようになると、どうすればいいのか困りますよね

 

低学年の場合、処理するべきなのか、なだめるべきなのか、迷ってしまわれるのではないでしょうか。

 

 

その場合、処理をしたほうが無難だと私は思います。

 

なぜなら、すでに子供が「どうにかして」と、困っているから。

 

 

それが、親が「うちの子は毛深いしムダ毛が多いから対処しないといけない。」なら、親が躍起にならないほうが良いと思いますが、子供自らが訴えているわけですから、結構切実な問題の可能性もあるのではと思うんです。

 

 

うちの娘は、小学2年生の時に「毛を剃ってもいい?だって、こんなに生えているの私だけ。○○くんも、○○さんも生えてない」と言ってきました。

 

すぐに、フェリエでカットしたんですよね。

 

そのときの、娘の嬉しそうな顔は、今でも忘れられません。

 

 

今、処理しなくたって、小学校高学年、遅くても中学生になれば、子供はムダゲの処理を始めますから、対策や方法は、早い段階で教えてもいいかなって思うんですよね。

ただ、どのように処理するかは大切だと思います

 

どのように処理するかが、とても大切だと思います。

 

やみくもに処理をしては、デリケートな子供の肌を傷つけたり、ボロボロにしたりなどのトラブルが起こるから。

 

子供の肌ってプニプニしていますけど、大人よりも薄くて、弱いんです。

 

 

だから、大人以上にムダ毛処理には気を付ける必要があるといえるんですよ。

 

 

そこで、使って便利で安全で低刺激と思ったのが、先ほどちょこっと書きましたがフェリエ。

 

 

 

ほぼ、肌にノーダメージで、ガンガンカットしてくれます。

 

子供のムダ毛処理方法の対策として、私は1番だと思っています。

保湿も結構重要です

 

フェリエで処理をしても、肌への刺激が『0』というわけではありません。

 

限りなく『0』には近いんですけどね。

 

ですから、保湿ケアも重要になってきます。

 

 

「必ず必要なの?」と思われるかもしれませんが、先ほども書きましたが子供の肌はデリケートですので、できる限りされたほうが良いと思います。

 

別にどのような保湿剤でも構わないのですが、できれば、低刺激のものが子供には適していますね。

まとめ

子供が毛深いことで悩んでいて、相談してきたら、フェリエなどのシェーバーで剃ってあげるのが良いと思います。

 

なぜなら、子供は苦しんでいる可能性があるからです。

 

もしかしたら、学校で何か言われたのかもしれませんから。

 

 

シェーバーなら、カミソリと比較にならないくらい安全に処理できますよ。

 

うちで使っているのはフェリエ。

 

こちらにもっと詳しく書いています。

 

⇒パナソニックのフェリエは子供に使えすぎて困る!

 

 

保湿の重要性については、こちらにもっと詳しく書いています。

 

⇒ムダ毛処理をした後には保湿が必要です

このエントリーをはてなブックマークに追加