お子さんが毛深いから心配ですよね

毛深い子供がいじめられないか心配

 

お子さんが毛深いから、もしかしたら学校でいじめに合うんじゃないかと心配されていらっしゃるのではないでしょうか?

 

でも、そんなことを周りには相談できず…。

 

いったいどうすればいいのだろうと、困り果てていらっしゃるのではないでしょうか?

 

 

うちの娘も毛深いので、本当にどうしようか悩んでいました。

 

でも今は、毎日楽しく学校に通えてますし、好きな服を着てます。

 

 

そうです。

 

毛深い子供ですが、今は、夏のプールや海も、心から楽しめているんです。

 

 

 

なぜ、そうなったのか。

 

それは、3つの処理方法を用いて対策をしたからです。

毛深いのが気にならなくなる3つの対策

 

子供が毛深いのであれば、やっぱり処理をするべきだと思うんです。

 

何も処理しなかった結果、いじめにあいだしてから相談ってパターンもあるわけで…。

 

 

子供が「処理をしたい」と言ってきたときは、すぐに処理をしたほうが良いかなと思います。

 

 

難しいのが、子供が気にしてないとき。

 

親だけが、気になるときです。

 

「子どもが気にしだしてからでいい」という意見のほうが、親が先回りして処理をする意見よりも多いのは事実です。

 

たしかに、毛深いのも個性ですから一理あります。

 

 

 

うちは、小学校低学年の時に「剃ってもいい?」と聞いてきたので、すぐにOKしました。

 

だって、そんなので悩んでいたら時間がもったいないですし、楽しいことも楽しめなくなる可能性があるからです。

 

 

娘は、3つの対策を行って、毛深いのが気にならなくなっています。

 

@剃る

 

A抑毛

 

B脱毛

 

@剃る

オーソドックスな方法ですね。

 

でも、剃ると言っても、カミソリで剃るわけではありません。

 

シェーバーで剃ります。

 

 

なぜなら、カミソリだと肌を痛めやすいですし、乾燥したり、色素沈着を起こしたりしやすいからです。

 

シェーバーなら、それを回避することができます。

 

A抑毛

毛を生やす部分である毛母細胞、毛に栄養を与える毛乳頭に直接アプローチする方法です。

 

大学名誉教授や、医学博士や、医師が推奨している方法になります。

 

大豆エキスをサッと塗るだけの簡単処理で、痛くもかゆくもありません。

 

B脱毛

ここで書く脱毛は、脱毛クリーム、脱毛テープ、脱毛ワックスなどではありません。

 

ムダ毛を生えなくしたり、生えてきにくくしたりする脱毛です。

 

病院やエステサロンで行う、細胞を壊して働かなくする処理方法のことです。

まとめ

毛深い子供はいじめられるかもと悩んでいらっしゃるのでしたら、まずはシェーバーで剃りましょう。

 

子供の毛は大人よりも柔らかくて細いので、剃るだけで大きく見た目が変わります。

 

 

余裕があれば、それプラス抑毛ですね。

 

ムダ毛を目立ちにくくする働きや、遅くする働きがあることは、医学博士や医科大学教授が証明されています。

 

 

最終手段は、脱毛ですね。

 

なぜなら、脱毛以外の処理方法では、どうしても毛が生えてくるからです。

 

生えてこなくする方法は、脱毛しかありません。

 

それぞれの処理法について、もう少し詳しく読みたい方は、こちらを参考にされてください。

 

⇒フェリエというシェーバーの口コミ!

 

⇒抑毛とはいったいなんなの?その効果に驚き!

 

⇒子供が脱毛するというのは早い?そもそもできるの?

このエントリーをはてなブックマークに追加