小学生の子供が毛深いときの対策はこれ

小学生のムダ毛対策

 

小学生が毛深いときに即効で出来る対策は、剃ることです。

 

なぜなら、目に見えている毛がなくなるから。

 

剃る前

剃った後

小学生が毛深いときの対策

 

差は、一目瞭然ですよね。

 

 

子供の毛深いと思うムダ毛の部位を、ササッと剃るだけで、めちゃめちゃスッキリしますよ!

ただ、気を付けてもらいたいことがあるんです

 

対策として剃るのが速攻で出来る方法なのですが、剃る道具を選んでもらいたいんです。

 

子供が毛深い時には、カミソリではなくて、シェーバーで処理していただきたいんですよね。

 

 

理由は、カミソリだと角質をそり落としてしまい、肌を傷つけたり、怪我したり、乾燥を招いたりしてしまうから。

 

 

シェーバーだとダメージが減ります。

 

ないことはないのですが、その差は歴然なんですよ。

 

 

痛くもかゆくもないって言葉がぴったりな処理方法が、シェーバーでの処理だと断言できます。

 

 

使うシェーバーは、男性がひげ処理に使うシェーバーではなくて、網のカバーが付いていない、このようなシェーバーです。

 

【パナソニックのフェリエ】

 

パナソニックのフェリエの使い方

 

パナソニックのフェリエの口コミ

 

 

フェリエは柔らかい毛が得意で、太い毛は苦手です。

 

その時に使えるのが、このようなシェーバーです。

 

 

ボディグルーマーと呼びます。

 

ちょっと音がうるさめで、結構手に振動がきます。

 

 

両方とも使い方は簡単で、電源を入れて、肌の上を滑らせるだけ。

 

ゆっくり動かすと、すごい勢いでムダ毛を剃ってくれます。

 

 

剃れた毛は床に落ちてしまいますから、気を付けてくださいね。

まとめ

子供が毛深いときの対策の中で、速攻で出来るの処理が剃ることです。

 

カミソリよりも、パナソニックやフィリップスなどのシェーバーで処理してくださいね。

 

肌へのダメージが、全然違いますから。

 

ムダ毛処理をすると肌へのダメージが、多かれ少なかれ起きてしまいます。

 

しっかりと保湿もしてあげてくださいね。

 

 

保湿の重要性については、こちらに書いています。

 

⇒ムダ毛処理をした後には保湿が必要

 

 

剃るだけでは、また普通にムダ毛は生えてくるし毛穴も目立つことがあります。

 

それを防ぐにために、抑毛という処理方法を検討されてみるのもいいと思います。

 

⇒抑毛に関する情報はこちらに書いています

このエントリーをはてなブックマークに追加