女の子で毛深い子供はからかわれやすい


yahoo知恵袋や教えてgoo等の悩み相談の掲示板を見ると、女の子で毛深いことをからかわれて困っているという書き込みが、数多くあります。

 

また、自分自身が過去にからかわれたり、最悪の場合いじめられていたという書き込みも、少なくありません。
それがトラウマになり、楽しいことを楽しいと思えなくなったと、訴えている人もいます。

子供が毛深いのをからかわれるのを回避する方法

ですから、からかわれないように(いじめられないように)回避する必要があると思うんですよね。

 

方法は実に簡単で、フェリエなどでムダ毛をカット(剃る)すること。
そうすれば、見違えるようなキレイな肌になるんですよ。

 

しかもフェリエなら、カミソリのように負けたり、傷つけたり、色素沈着を起こしたりしません。
なぜなら、角質に刃で直接ダメージを与えないからです。

 

 

これは本当にありがたい。

 

 

女の子ですから、もしもカミソリで肌を傷つけることを考えると、なかなか、処理に踏み切れなかったあなたも、もう、何も気にすることなく、毛深い娘さんの処理をすることができるのではないでしょうか?

それだと処理跡が目立つし根本的な解決にならないよね?

しかし、ムダ毛はまた生えてくるんですよね。

 

もしかしたら剛毛中の剛毛の毛深さで、処理跡が目立つかもしれません。

 

 

そうなると、選択できるのは脱毛か抑毛になってしまいます。

 

それ以外の方法(例えば脱毛クリームや脱毛ワックス)も同じで、生えてくるまでに少し猶予はありますが普通に生えてくるので気をつけてくださいね。

 

脱毛

脱毛とは、毛母細胞を抑制したり破壊したりして、ムダ毛を生えてこなくする方法。
エステサロンと医療機関で行うことができます。

 

医療機関のほうが効果が非常に高く、通う回数が少なくてすみますが、その分、痛みをともなってしまうのが難点です。

 

子供の場合は、痛みの少ないエステサロンがベターなのかなと思うんですよね。

 

⇒子供も脱毛できる大手のエステサロンの情報まとめ

 

抑毛

こちらも脱毛と同じで、毛母細胞にアプローチしてくれます。
違う点は、家に居ながらにして簡単にできることと、即効性がないことですね。

 

数ヶ月間の、地道な努力が必要になります。
しかし、ムダ毛処理が楽になってくると、努力が報われた気がして飛び跳ねるくらいの嬉しさを感じることができますよ。

 

⇒抑毛って何?それはムダ毛を生やす細胞にアプローチする処理法

まとめ

非常に残念ですが、毛深い女の子は、からかわれやすい状況になります。
そして、いじめにつながる場合や、変なニックネームをつけられる可能性も否定できません。

 

現に、yahoo知恵袋や教えてgooなどの掲示板には、苦しんでいる人の書き込みが、数多く見られています。

 

あなたのお子様が悲しい目に合わないことを、心の底から願っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加