子供が毛深いときにはシェーバーがベター

子供が毛深いときはシェーバーが良い

 

子供が、「他の子よりも毛が濃いし毛深いから嫌」と言い始めたら、どうやって対策するのが、ベストなのかなと迷われると思います。

 

顔やすねなどは特に目立つ部分ですから、どうするのが一番いいのだろうと悩まれているんでしょうね。

 

 

 

頻繁に剃っていいのか…。

 

濃くなったりしないのか…。

 

 

そのような不安にも、駆られていることだろうと思います。

 

 

悩んだ時には、まずは、シェーバーで対応されることをおすすめします。

 

なぜ、シェーバーがいいの

肌を傷つけにくいというのが、ポイントですね。

 

カミソリだと、角質も削ぎ落としてしまい、肌の乾燥はもとより、傷つけてしまったり、色素沈着を起こしてしまったり、カミソリ負けを起こしてしまったりします。

 

シェーバーで処理をすれば、それが全て解決されるわけですね。

 

頻繁に剃っても、肌へのダメージはほぼ無いのでOK。

 

 

剃るときに何もつけなくていいのもありがたい。

 

カミソリだと、摩擦を軽減させるために、ローションやフォームなどが必要になります。

 

が、シェーバーは空剃りでも全く問題ないんですよね。

 

 

剃ったら濃くなると思われるかもしれませんが、剃っても大丈夫です。

 

それは、証明されています。

 

1928年に、毛を剃った部分と剃らない部分とを比較する実験が行われました。

 

その結果、剃ったあとに生えてきた毛は、濃くも薄くもなく、また伸びるのが早いわけでもないことがわかったのです。

 

最近の研究でも同様のことが確認されています。

 

引用元:メンジョイ

シェーバーって言っても男が使うやつとは違う

 

シェーバーと聞くと、こんなのを想像しませんか?

 

 

 

子供のムダ毛の処理にぴったりなのは、上記のようなシェーバーではなくて、このようなギザギザで毛をカットしていくタイプのものになります。

 

 

 

余談ですが、子供用のシェーバーというのはありませんので、代用する形になりますが、フェリエはある意味、子供用のシェーバーじゃないのかなと思えるくらいぴったりです。

 

 

パナソニックから発売されているフェリエは人気商品で、口コミサイトで、かなり高い評価を得ています。

 

子供のムダ毛を、びっくりするくらいガンガン剃ってくれますので驚かされますね。

 

 

ただ、一気に剃ろうと思うのであれば、フェリエよりも音がうるさくて重いし高いですが、フィリップスのボディグルーマーかな。

 

 

 

でも、なんて書けばいいのでしょう…。

 

一気にカットできるけど、剃り残しが多いと言えばいいのでしょうか…。

 

 

パワーがないからパナソニックのフェリエは太い毛が苦手ですが、細い部位の子供のムダ毛に関しての処理能力は、圧倒的にフェリエのほうが上です。

 

フィリップスのはガーッと行けるけど、根元からは処理できずに、数ミリ上の方からカットされている毛がいくつか見受けられるんですよね。

 

 

どっちを選ぶかは子供の毛質によって変わると思いますが、まずは、フェリエを試すべきかなと思います。

 

フェリエのほうが安いですし、口コミサイトでも評判がいいですから。

処理したあとは保湿も重要です

 

処理したあとはそのままって人多いんですけど、あなたは大丈夫でしょうか?

 

 

大人でも保湿が重要なのですが、子供は、大人よりも肌が薄くて柔らかくて弱いので、保湿がとても重要なんですよ。

 

 

「シェーバーって肌ダメージ少ないんでしょ?」と思われるでしょうし、確かにそうなのですが、0ってわけじゃないんですよね。

 

ですから、保湿は常に意識してするべきだと思います。

まとめ

子供が毛深いときにはシェーバーで処理するのがベターです。

 

フェリエとボディグルーマーがなどがありますので、お子様の毛質に合わせて選ばれるのが良いですね。

 

保湿も重要になりますので、意識して、処理あとの体に塗るようにされるといいですよ。

 

保湿について、もう少し知りたいと思われたあなたは、こちらのページも参考になるかもしれません。

 

⇒ムダ毛処理をした後には保湿が必要です

 

 

「シェーバーで処理してもまたすぐに生えてくるじゃん!」と思われたあなたは、毛の発生スピードを遅らせるといわれる、抑毛を試されてみると良いかもしれませんね。

 

抑毛については、こちらで詳しく書いています。

 

⇒抑毛って何?それはムダ毛を生やす細胞にアプローチする処理法

このエントリーをはてなブックマークに追加