体育の授業でプールや水泳だとムダ毛に困る

体育はプールや水泳だとムダ毛に困る

 

ムダ毛が多いと、体育のプールや水泳が憂鬱になってしまいますよね。

 

他人の目がとても気になり、恥ずかしくて授業が嫌になり、学校を休んでしまうという悪循環に陥る可能性も否定できません。

 

 

特に、背中の毛が結構しっかりと生えていたら、プールから出る時に目立ってしまいます。

 

 

そんなときには、どうするのが良いのでしょう。

 

どうすれば、水泳やプールの期間を乗り切ることができるのでしょうか?

体育でプールや水泳の日だけ朝にカミソリを使う

 

普段はシェーバーで処理をして、ここぞという日だけカミソリを使うというのがベターなのではないでしょうか。

 

カミソリは、刃の枚数が多い方が圧が分散されますので、肌に優しいですよ。

 

5枚刃や6枚刃などが良いかなと思います。

 

 

可能であれば、夜ではなくて、体育の授業がある朝の、出かけるギリギリに処理するのが良いですよね。

 

寝ている間もムダ毛は伸びますから。

 

 

もしも学校に持っていくことができるのであれば、シェーブ付きのカミソリなら、水にサッと塗らすだけで快適に剃ることが可能になります。

 

終わった後は、ポケットに忍ばせればOKですよね。

 

 

体育の授業前に処理をすれば、一番キレイな状態で乗り切ることができます。

背中は処理してあげる

 

背中は自分では処理しにくいので、処理をしてあげるべきだと思います。

 

パナソニックのフェリエというシェーバーで、ササッと処理すれば、めっちゃきれいになりますよ。

 

 

背中の毛は、そこそこ濃かったとしても、毛穴はそこまで目立ちませんから、フェリエでOKだと思います。

 

もしも、もっと深剃りをしたいと思われるのでしたら、カミソリを使ってもいいですね。

毛抜きはどうなの?

 

毛抜きは肌にはとても悪いですが、水泳やプールの時間に恥ずかしい思いをするのであれば、ありなのかもしれませんね。

 

しないに越したことは無いので、まずは、カミソリやシェーバーで対応をしてみてくださいね。

まとめ

ムダ毛が多い子供が一番困るといっても過言ではないのが、プールの授業ですよね。

 

本当に、かわいそうになります。

 

 

ですから、憂鬱な気分が少しでも改善できるようなムダ毛対策が必要ですよね。

 

まずはシェーバーで、もっと深く剃りたければカミソリで、それでもダメなら毛抜きで乗り切ってくださいね。

今年は間に合わないですが、脱毛という方法もありますよ。

 

来年に向けて検討するのも良いかもしれませんね。

 

 

小学生の脱毛については、こちらに書いています。

 

⇒小学生の子供に脱毛は早い?そもそもできるの?

 

 

脱毛は敷居が高いと思われるときは、これも今年は間に合わないかもしれませんが、抑毛というムダ毛にアプローチする方法もあります。

 

抑毛については、こちらに書いています。

 

⇒抑毛って何?それってどんな処理方法なの?

このエントリーをはてなブックマークに追加