幼児が毛深いと心ない言葉をかけられる可能性が高い

幼児が毛深いときの対策
幼児が毛深い。

 

どうすれば良いのか迷われているのではないでしょうか?

 

幼児の時のムダ毛対策は、それほど緊急性がないかもしれませんね。

 

 

しばらくすると気にならなくなったり、それ以上伸びたり黒くなったりしないかもしれませんから。

 

 

しかし、もしも幼稚園や保育園に通っていて、友達や同じ組の子から「毛深い」と指摘されたとしたら、早急な対策が必要です。

 

 

「毛がいっぱいだから男じゃん!」

 

「男がスカートはいてる!」

 

「○○ちゃんじゃなくて、○○くんじゃん」

 

と、揶揄されたり、いじめたりされる可能性が高くなりますから。

 

 

幼児って、駆け引きなんかができませんし、気を使うこともできませんから、思ったことを口にするし、人と違うところはめっちゃ突っ込んできますよね。

 

なかには、わざと言ってくることもあります。

 

 

 

「気にすることないよ。色が黒い子もいれば白い子もいるし、背が高い子もいれば低い子もいるし。声だって、顔だって、みんな違うでしょ」

 

と、慰めてあげることもできるかもしれません。

 

 

それで、心が軽くなればいいですが、よほど心が強い子じゃない限り、また、明日から同じように言われるわけですから、重くのしかかってくると思うんですよね。

 

 

「幼稚園(保育園)に行きたくない!」となってしまっては、本末転倒ですから。

幼児が毛深いときにできる2つの対策

 

幼児が毛深いときにできる対策は次の2つ。

 

剃る

 

毛の発育を抑える

 

【剃る】

剃ると聞くと『カミソリ』を想像されるかもしれませんが、カミソリではなくてシェーバーを使います。

 

シェーバーも、男性が使っているシェーバーではなくて、まゆ用や体用のバリカンみたいなタイプです。

 

こんな感じのになります。

 

(パナソニックのフェリエ)

 

(フィリップスのボディグルーマー)

 

 

なぜ、このようなタイプにするべきなのかというと、幼児は大人よりも皮膚がかなり弱いからです。

 

カミソリだと肌を傷つけてしまう可能性が、非常に高いんですよね。

 

 

幼児は、毛深いと言っても、大人と比べた毛は柔らかくて細いですよね。

 

ですから、このようなタイプのシェーバーで剃ってあげるわけですね。

 

 

毛穴はどうしても見えてしまいますが、伸びている毛が無くなるわけですから、見た目が劇的に変わりますよ。

 

【毛の発育を抑える】

毛の発育を抑える方法は、抑毛といいます。

 

ムダ毛に直接アプローチして、毛を目立たなくする方法です。

 

「何それ?ホント?」と思われるかもしれませんが、医学博士や名誉教授なども推奨している方法なんですよ。

まとめ

幼児が毛深いときの対策は2つです。

 

そのどちらもが、安全で簡単にできる処理方法になっています。

 

何か言われる前でもかまいませんし、何か言われた後でも構いません。

 

 

娘さんが気になった時に、パパッと処理できると良いですね。

もしも、もしもムダゲに切実に悩んでいて、幼児でもムダ毛をなくしたいと思われるのでしたら、脱毛になります。

 

できるところは限定されますが、3歳から可能な脱毛エステがあるんですよ。

 

⇒3歳からのムダ毛対策!脱毛ができるエステサロンを見てみる

 

 

脱毛までは考えていない。

 

とりあえず今は、出来る限り自宅での処理で乗り切ろうと思われるのでしたら、シェーバーや抑毛でアプローチしてくださいね。

 

シェーバーについての詳細はこちらに書いています。

 

⇒シェーバーのパナソニックのフェリエは子供に使えすぎて困る!

 

 

抑毛についての詳細はこちらに書いています。

 

⇒抑毛って何?それはムダ毛を生やす細胞にアプローチする処理法

まとめ

幼児が毛深いときにできる対策は2つあります。

 

どちらも、痛くもかゆくもない処理方法ですので安心です。

 

やさしい言葉をかけてあげるのも大切ですが、それで心が軽くならなければ意味がありません。

 

⇒子供に使えるのはフェリエというシェーバー!

 

⇒抑毛って何?その疑問はここで解消してください

このエントリーをはてなブックマークに追加