子供でも永久脱毛できるのだろうか…

 

子供でも、永久脱毛って出来るのかどうか、あなたは気になさっていらっしゃると思います。

 

子供の永久脱毛は、年齢に応じてできるかどうか変わってきます。

 

その理由は、子供には第二次性徴期というものが存在するからなんですよね。

 

 

第二次性徴期に、毛を作る毛母細胞や毛乳頭が新たに作られてしまうので、それ以前に永久脱毛していたとしても、全く別の毛母細胞や毛乳頭が作られるので、生えてきてしまうというわけですね。

 

 

ですから、子供が第二次性徴を迎えているのであれば永久脱毛ができますし、迎えていないのであれば、永久脱毛はできないということになります。

 

 

 

判断基準は、脇毛、陰毛が生えてきているかどうか。

 

生えてきてから1年以上が経過していれば、新しく作られることが少なくなるため、永久脱毛をすれば永久脱毛になります。

 

 

ちょっと、分かりにくいですかね?(汗)

永久脱毛できないなら脱毛しても無意味?

 

ちょっと極端な話になりますが、3年生の時に永久脱毛をしたとします。

 

このとき、3年生の時までに生えていた毛は、二度と生えません。

 

 

永久脱毛をしてるから。

 

 

毛母細胞や毛乳頭は破壊されているわけですから、生えてこないのは当然。

 

 

でも、思春期になると、新しい毛母細胞や毛乳頭が作られるので、毛はまた生えてきます。

 

生えてはきますが、思春期前に生えていた毛は無いわけですから、見た目は格段に違ってくるんです。

 

 

永久脱毛してないときの思春期のムダ毛を100%とすれば、永久脱毛しているときの思春期のムダ毛は60〜70%ってわけ。

 

 

無意味って訳ではないんですよ。

 

でも、新しく生えてくるのには間違いないですから、思春期前に永久脱毛をしていても、もう一度、永久脱毛をしなければいけないことになるわけですが…。

まとめ

子供の永久脱毛は、その子の発育によって出来るか出来ないかがかわります。

 

脇毛や陰毛が生え始めて1年以上経過していれば、永久脱毛はできます。

 

子供も脱毛できる医療機関についての情報は、こちらになります。

 

メール相談や電話での問い合わせは無料ですので、利用されるのも一つの方法だと思います。

 

⇒子供でも脱毛できるクリニックをまとめてみました

 

医療機関での脱毛よりも安くできることが多いのが、エステサロンでの脱毛。

 

こちらに詳しくまとめてみました。

 

⇒子供も脱毛!エステサロンで出来る場所を年齢別にまとめた結果

 

今回は脱毛を諦めようと思われたときには、脱毛するその日まで、シェーバーで処理が良いと思います。

 

なぜなら、肌トラブルがめちゃめちゃ少ないからでsう。

 

⇒フェリエというシェーバーの口コミ!これは子供にぴったりです

このエントリーをはてなブックマークに追加