子供がすね毛を剃りたいといっている

 

子供がすね毛を気にして、剃りたがっているときに、どうすれば良いのか迷いますよね。

 

 

毛を剃らせることに抵抗があるというか、そもそも、肌に悪いからさせたくないというか…。

 

剃る以外の方法で、何かいい方法があるかもしれないとも、思われているのではないでしょうか。

 

 

じつは、そのあなたの疑問を解決できる方法が2つあるんです。

 

シェーバーで剃る

 

抑毛で毛母細胞にアプローチする

 

シェーバーで剃る

カミソリで剃るのと違い、角質をそぎ落としたり、肌を傷つけたり、出血などのケガをすることがありません。

 

低刺激で肌に優しいのに、ガンガン処理してくれます。

 

「肌に悪い」「危ない」と、子供がすね毛を剃りたいといってきても困ったり、迷ったりされているあなたが、子供にできるぴったりの方法だと思います。

 

 

使うのは、このような感じのシェーバーになります。

 

ちなみに、これは、うちで使っているフェリエという商品になります。

 

 

抑毛で毛母細胞にアプローチ

この方法は、抑毛剤や、抑毛ローションや、抑毛ジェルなどを用いて処理する方法です。

 

毛母細胞に働きかけることにより、直接、すね毛にアプローチします。

 

医学博士や名誉教授が推奨されているので、信頼性が非常に高い方法です。

 

ちなみにこれは、パイナップル豆乳ローションという、娘が使っているローションです。

 

子供が自分の足の毛を気にしているということはそういうこと

子供がすね毛を剃りたいといってくるときの処理法

 

子供が、足の毛を剃りたい(処理したい)とのは、何らかの理由があると思います。

 

「友達と比べて、自分の足に生えている毛が濃かったり多かったりしている」

 

「友達に何か指摘された」

 

「からかわれた」

 

このようなときに、自分は他の子とちょっと違う、恥ずかしい、なんとかしたいと思うのではないでしょうか。

 

 

子供って、大人と違って足を強制的に出さなくちゃいけないことってありますよね。

 

 

そうです。

 

体育の授業です。

 

 

回避したくても、なかなかできません。

 

 

 

こういうときに、濃かったら、どうしても目立ってしまいますよね。

 

憂鬱でたまらないと思います。

 

もしかしたら、だんだん、我慢できなくなって、体育の授業がある日は学校に行きたくなくなり、仮病などを使って休んでしまう可能性だってあると思います。

 

 

そう考えると、どう考えたって、処理をしない理由というのが思いつきません。

 

 

迷わず、処理をされてもいいのではないでしょうか?

まとめ

子供のすね毛が濃いし太いときの処理法は、2つあります。

 

「シェーバーで剃る」

 

「抑毛剤を使う」

 

気にしているのであれば、安全な方法での処理を、提案されてみてはいかがでしょうか。

 

使えすぎて困るシェーバーについての口コミは、こちらに書いています。

 

⇒パナソニックのフェリエは子供に使えすぎて困る!

 

 

医学博士や名誉教授も認めている、抑毛についての詳細は、こちらに書いています。

 

⇒抑毛って何?それはムダ毛を生やす細胞にアプローチする処理法

このエントリーをはてなブックマークに追加