子供のムダ毛処理方法で安全な方法は3つ

 

子供のムダ毛処理で安全なのは、シェーバーと、抑毛と、医療機関での脱毛だと思います。

 

その理由について、説明していきますね。

 

シェーバー

男が髭剃りに使うごっついのじゃなくて、こんな感じのおしゃれなやつです(笑)

 

 

ちなみにごっついのとは、こんなのです。

 

 

ごっついという言葉がぴったりだと思います。

 

 

なぜシェーバーがいいのかというと、カミソリと違って、必要以上の角質をそぎ落とすことがありませんし、ケガをする心配もありませんし、カミソリ負けや色素沈着も起こさないからです。

 

これ以上、安全なムダ毛処理は無いと思います。

 

 

使い方もとても簡単。

 

電池を入れて、スイッチをONにして、肌の上を軽く滑らせるだけです。

 

それだけで、小さいながらもハイパワーで子供のムダ毛を処理してくれます。

 

 

シェービング用の、何かをつける必要もないですよ。

 

空剃りでOKですので、余分な手間や暇がかかりません。

 

 

至れり尽くせりのアイテムだなと、心底思います。

 

抑毛

 

大学教授、名誉教授、医学博士が推奨しているムダ毛対策になります。

 

大豆に含まれる、女性ホルモンに似た成分を肌に塗ることにより、気になるムダ毛にアプローチする方法。

 

パイナップル豆乳ローションがメジャーですね。

 

 

塗った翌日に変化が起こるというわけではないので、少し根気がいりますが、少しずつムダ毛処理が楽になるのが特徴です。

 

今生えているムダ毛を0にすることはできませんが、薄くしたり、弱くしたり、細くしたり、生えにくくしたりするのでかなり重宝すると思います。

 

 

ちょっと表現が悪いですが、禿げてる人を想像してください。

 

生まれながらにして、禿げていたわけではないですよね?

 

少しずつ、髪の毛の量が減ったり、薄くなったり、細くなったりした結果、あの、残念な感じになっているわけですよね。

 

 

その状態を作り出すのが、抑毛と考えていただければと思います。

 

 

医療機関での脱毛

クリニック、エステサロン、家庭用脱毛器がありますが、安心なのが、医師や看護師が施術するクリニック(医療機関)での脱毛でしょう。

 

しっかりと診察をした後に施術になるので、お子様に適したピッタリの方法で処理することが可能です。

 

もしも、もしも何か皮膚や肌にトラブルが生じても、迅速丁寧な対応が可能になるのでありがたいですよ。

 

 

国家資格を持っているプロの判断でのムダ毛処理ですから、安心感はピカイチではないでしょうか。

 

 

「子供に脱毛?」と思われるかもしれませんが、子供の脱毛ができるところって、結構多いですよ。

 

子供のうちは肌が大人よりも弱いので、できれば、クリニックで行うのがいいのかなって思います。

 

 

エステや家庭用脱毛器でも安全なんだとは思いますが、もしものことを考えると…。

 

それ以外の方法は危険がいっぱい

 

ムダ毛の処理方法は、他にもいろいろとありますが、ちょっと危険かなって思います。

 

カミソリ

先ほどもちょっと書きましたが、ケガをする可能性、乾燥肌を作る可能性、カミソリ負けをする可能性があります。

 

一番手軽な方法で、とても便利で重宝するのですが、トラブルが起こってしまっては元も子もありません。

 

毛抜き

ピンセットや、脱毛ワックスや、脱毛テープ、ソイエなどで毛を抜く方法になります。

 

伸びててくるまでの期間が長い事、抜くことにより毛穴の毛が無くなるので、黒いぶつぶつ(点々とゴマのようなもの)が残らないのが、とても素晴らしい処理方法です。

 

が、痛みを伴いますし、毛穴の盛り上がりを招いたり、刺激によるダメージで毛穴に炎症を起こしてしまうことがあります。

 

そうなると、毛嚢炎などの皮膚病になってしまう可能性も…。

 

子供の肌は、さらされることが多いため、弱っている肌の上からさらに、紫外線や、車などの排気ガス、運動場の砂ぼこりなどで、ダメージを与えることにもなりかねません。

 

脱色

「脱色は薄くなるから便利だよ〜」とおすすめされる人もいらっしゃいますが、それ以外の選択肢をチョイスしたほうが良いのではと思います。

 

脱色は、肌への刺激が強いです。

 

髪の毛を脱色するときって、頭皮に付かないように注意しますし手袋もつけますよね。

 

なぜかというと、それだけ刺激が強いからです。

 

肌に塗るのは髪に塗るものよりも低刺激になってはいますが、それでも、色を抜くレベルの薬剤が入っているのですから、子供に刺激は強すぎるかなと感じます。

 

除毛クリーム

毛穴の少し奥の方から処理できるので、カミソリやシェーバーで剃るのよりも、処理跡が目立たないのが特徴です。

 

が、毛を溶かすほどの成分が入っているわけですから、肌への負担も結構強いです。

 

現に、かぶれてしまった、赤みが出てしまったなど、深刻な情報も寄せられています。

 

脱毛クリームも、除毛クリームと同じです。

 

たまに、クリームの説明で、毛根からごっそり抜けているようなイラストを掲載しているサイトがありますが、あんな風に根元から処理できるということはありえません。

 

騙されないように、していただければと思います。

 

除毛(脱毛)クリームは、あくまでも、目に見えている毛を溶かして処理するだけですからね。

 

処理前

処理後

まとめ

子供に安全なムダ毛の処理方法は3つです。

 

シェーバー

 

抑毛

 

脱毛

 

それ以外の方法は、メリットも確かにあるのですが、それ以上にデメリットの方が多いので危険だなと思います。

 

安全な3つの処理方法に関しては、別のページで詳しく書いています。

 

少しでも、あなたのお子様のムダ毛処理や対策の手助けになればと思います。

 

⇒パナソニックのフェリエは子供に使えすぎて困る!

 

⇒抑毛って何?それはムダ毛を生やす細胞にアプローチする処理法

 

⇒小学生の子供に脱毛を考えているあなたへ

このエントリーをはてなブックマークに追加