子供の産毛処理をしたいと思っているけど濃くなりそう…

子供の産毛処理は毛が濃くなりそう

 

子供の産毛が気になる。

 

処理をしたいけど、濃くなったらどうしよう…。

 

そう考えると、なかなか、踏ん切りがつかずに躊躇されているのではないでしょうか?

 

 

私もそうだったんですよね。

 

一時的には毛が無くなるからいいけど、結果的に濃くなってしまっては娘がかわいそうだから。

 

 

元々毛深いのに、処理したことによって、それを促進させてしまっては、本末転倒だって思ったから。

 

 

でも、大丈夫!

 

子供の産毛は、処理しても濃くなりません。

 

 

基本的に毛は剃っても濃くなったりしません。ですが、肌を傷つけるような剃り方をすると毛が濃くなる場合があります。

 

引用元:N-COOZY(メンズ脱毛サロン)

 

毛が生え変わる時に、新しくできた毛が太くなることはありますが、ムダ毛処理をした刺激で毛が濃く・太くなったとは言い難いです。
引用元:ゼロズミ(医師が監修)

 

「カミソリで剃ると毛深くなる」と敬遠する人が多いのですが、カミソリで剃っても毛深くなることはないので安心してください。
引用元:+ウェルネス(医師のコラム)

 

ご覧いただくと分かりますが、脱毛サロンを運営している会社、そして、医師が「処理しても濃くならない、毛深くならない」と答えているのがお分かりいただけるかと思います。

 

 

このように、しっかりとした立場がある人たちが発信している情報ですから、子供の産毛処理をしても濃くはならないと断言できるわけですね。

 

 

まあ考えようによっては、『もしも剃って毛が太くなるのであれば、禿げの人は、1年くらい毎日頭皮にカミソリをあてていれば、ボーボーになるのか?』って話にもなってくるわけですけどね。

 

では産毛はどのように処理をするのが良いのだろう

 

子供の肌は薄くて弱いので、ダメージに敏感です。

 

カミソリで剃るよりは、シェーバーで剃るのがいいではと思います。

 

カミソリで剃るように、角質までそり落としてしまうことがありませんのでカミソリ負けが起きませんし、なにより、誤って、出血するような傷をつけてしまうこともありません。

 

 

安心して処理をすることができますよ。

 

 

使うのは、男性が使う髭剃り用のシェーバーではなくて、フェリエなどのシェーバーになります。

 

 

切れ味も抜群ですから、思っている以上にすっきりとした肌になりますよ。

 

ムダ毛のない肌は、子供のテンションも上げて、心を軽くしてくれるでしょう。

まとめ

子供の産毛処理をしたいけど、濃くなるかもしれないからためらっているあなた。

 

医師が「濃くならない。太くならない。」と断言されていますから、安心して処理をしてくださいね。

 

ただ、産毛を剃るときには、カミソリよりもシェーバーのほうが良いのかなと思います。

 

なぜなら、カミソリ負けを起こさないし、誤って傷つけて出血を起こすことがないからです。

 

シェーバーの中で、娘が愛用しているのはフェリエです。

 

フェリエの選び方やさらに詳しい情報、口コミについては、こちらのページを参考にしていただければと思います。

 

⇒パナソニックのフェリエは子供に使えすぎて困る!

このエントリーをはてなブックマークに追加