肌がボロボロになりやすい思春期

思春期の子供のムダ毛処理

 

思春期の子供は、とにかく美意識が高くなり、やみくもにムダ毛処理をしてしまう傾向にあります。

 

あなたの娘さんも、抜く方法やカミソリで処理する方法で無理な処理をしてしまった結果、腕や脚がボロボロになっているのではないでしょうか?

 

 

でも、止める訳にはいかない。

 

なぜなら、ムダ毛が生えていることが恥ずかしすぎるから。

 

 

とにかく毛深い自分が嫌で嫌でたまらなくなり、暇さえあれば毛抜きでの処理をしてしまうことに。

 

その結果、さらに肌はボロボロに…。

 

 

でも、それも今日までですよ!

 

思春期のムダ毛対策をマスターすれば、あなたの娘さんの肌は元気を取り戻すので、今以上に、楽しい毎日を過ごすことになりますよ!

思春期のムダ毛処理で大切なのは道具選び

 

まず、道具を見なおしてみてはいかがでしょうか?

 

カミソリを使用している場合

カミソリは角質を削り取りますし、細かな傷を肌につけてしまいます。

 

使うのをやめた方がいいと思います。

 

シェーバーを使用するといいですよ。

 

 

もしどうしてもカミソリじゃなければダメなのでしたら、肌へのダメージが少ない5枚刃などの刃の枚数が多いものを使ってくださいね。

 

 

空剃りは絶対にダメですし、ボディソープや石鹸などを付けて処理するのも絶対にダメです。

 

 

シェービングフォームを利用するか、可能であればベビーローションを購入してそちらを使ってください。

 

カミソリの滑りが、格段に良くなりますから。

 

 

さらにもう一つ、大切なことがあります。

 

それは、同じカミソリを何回も使わないこと。

 

カミソリの有名メーカーのシックでは、2週間に1回の交換を目安にしてくださいとなっていますので気を付けてくださいね。

 

毛抜きはしない

毛が濃くて太いと、処理したあとの黒いぶつぶつが気になってしまいます。

 

ですから、目立たないように毛抜きを使ってしまうんですよね。

 

毛抜きは肌ダメージが深刻ですし、抜くたびに毛穴を傷つけてしまいます。

 

 

どうしてもの時は必要なのかもしれませんが、極力行わないようにしましょう。

 

シェーバーに変える

カミソリよりも断然肌に優しいのが、シェーバーでの処理です。

 

カミソリのほうが深ぞりはできますが、脇や陰部以外のムダ毛であれば、シェーバーで処理してもそこまで差はありません。

 

抑毛剤を使用してみる

抑毛剤とは、毛を作る部分にアプローチする方法です。

 

塗ってすぐに変化が出るわけではありませんが、少しずつ少しずつ、ダメージを蓄積させながらアプローチしていきます。

 

医学博士や、名誉教授も推奨している方法です。

 

とにかく保湿する

おそろかになっていませんでしょうかか?

 

処理後の保湿は、最重要項目といっても過言ではありません。

 

ムダ毛処理から肌を守るためには、一に保湿二に保湿ですからね。

 

脱毛する

最終手段と考えてもらってもいいと思います。

 

思春期は脱毛が可能ですので、肌トラブルが深刻でしたら検討されるべきだと言えます。

まとめ

抜く、カミソリで剃るは簡単にできて便利ですが、刺激が強すぎます。

 

肌トラブルのツートップと言っても、過言ではありません。

 

まずは、カミソリを止めてシェーバーにするといいと思いますよ。

 

 

そして、ぶつぶつが気になるのでしたら、毛抜きよりも、抑毛で対応されるほうが肌にめちゃめちゃやさしいです。

 

 

根本的な解決を求めるのであれば、医療機関やエステサロンでの脱毛一択です!

 

シェーバーでの処理についてもう少し詳しく知りたい時は、こちらをご覧ください。

 

⇒フェリエというシェーバーが使えすぎて困るって話

 

 

抑毛についてもう少し詳しく知りたい時は、こちらをご覧ください。

 

⇒抑毛って何?それはムダ毛を生やす細胞にアプローチする処理法

 

脱毛についてもう少し詳しく知りたい時は、こちらをご覧ください。

 

⇒小学生の子供に脱毛を考えているあなたへ

このエントリーをはてなブックマークに追加