抑毛って何?それはムダ毛を生やす細胞にアプローチする処理法

抑毛って何?

 

抑毛って何だろう…。

 

はじめて聞く言葉かもしれません。

 

 

抑毛とは、大豆に含まれている女性ホルモンに似た成分を肌に塗ることにより、ムダ毛にアプローチする方法になります。

 

 

 

名誉教授、医学博士、クリニック院長、栄養大学大学院客員教授などが認めている処理方法なんですよ。

 

 

医科大学名誉教授が監修を務める書籍、「ムダ毛が消える豆乳ローション」には、このように書かれています。

 

フラボノイド類の一種である「イソフラボン」に私は注目しました。

 

イソフラボンとは、女性ホルモンの1つであるエストロゲンと似た働きをします。

 

男性ホルモンの影響を体毛が強く受けているのです。

 

したがって、女性ホルモンそのものを補えば、ムダ毛の悩みは解消できるはずです。

 

しかし、化学合成したエストロゲンを過剰投与すると、リスクが高まってしまうのです。

 

そこで、エストロゲンの代わりに注目した成分が、大豆イソフラボンなのです。

 

引用元:ムダ毛が消える豆乳ローション

 

こちらの書籍から引用しています。

 

抑毛剤とは?

 

 

こちらの書籍には、どういう理由で、子供のムダ毛にアプローチしているのかが、非常に分かりやすく説明してあります。

 

 

 

向かって左が元気なムダ毛で右が弱ったムダ毛。

 

 

大豆イソフラボンの働きで、元気なムダ毛が、弱々しいムダ毛へと変わり果てているのがお分かりいただけるかと思います。

 

 

拡大するとこのような感じですね。

 

【左側のイラスト:元気なムダ毛】

 

【右側のイラスト:弱々しいムダ毛】

豆乳ローションにはムダ毛を撃退する3つの効果

 

 

【ムダ毛の成長を遅くする】
イソフラボンは、直接、毛母細胞の活性を抑制するため、細胞の増殖が鈍くなり、ムダ毛の成長が遅くなるというわけです。


 

【ムダ毛を細くし抜けやすくする】
毛乳頭が栄養養分を毛母細胞に供給し、体毛は成長していきます。イソフラボンは毛乳頭細胞の活性も抑制しますので、根っこの張り具合が弱くなります。
植物にたとえれば、根腐れした状態を作り出すため、体毛が抜けやすくなるのです。


 

【ムダ毛を生えなくさせる】
イソフラボンの作用により、毛母細胞の増殖が極端に弱まって、後続が断たれた状態だと言えるでしょう。


 

「どんだけすごいんだよ!」

 

 

 

大豆の成分による抑毛を知った時の感動は、今でも忘れません。

抑毛剤(抑毛ローションや抑毛ジェル)があります

 

保湿成分もたっぷり入っているものが多いので、肌も整えてくれるのでありがたいんですよね。

 

いくつかの種類が発売されています。

 

 

一つ気を付けていただきたいのが、商品によって、成分が違っていたり、配合が違ってたりしますので、全てが同じ抑毛剤というわけではないということ。

 

 

例えばですが…。

 

ヘアカラーにも、ルシード、フレッシュライト、ホーユー、ウエラトーンなどがり、効果も個人差がありますよね。

 

ホワイトニングの歯磨き粉も、デンティッセ、オーラツー、アパガード、ピュオーラなどがあり、効果も個人差がありますよね。

 

抑毛剤も商品によって、効果に個人差があるんですよね。

 

 

ですから、子供のムダ毛対策に使えると思ったまでは良かったのですが、どれを使えばいいのか迷ったんですよ。

 

 

一生懸命調べました。

 

 

その結果、抑毛剤の中に、リスク0(ある意味無料)で試せるものがあることが分かったんですよね

 

 

使ってる最中でも、使い切った後でも、気に入らなければ返金される保証付き。

 

これって、すごくないですか?

 

 

すぐに取り寄せて、娘のムダ毛に試しました。

 

その結果、驚くべき変化が現れたんです!

 

 

名誉教授や医学博士をはじめ、クリニックの院長や大学院客員教授などのお墨付きなものに間違いがあるわけないよなと痛感しました。

 

 

子供のムダ毛にアプローチする、抑毛剤の口コミはこちらになります。

 

⇒コントロールジェルMEの効果!使った結果を口コミします

 

⇒パイナップル豆乳ローションの効果!本音の口コミを報告します

 

なぜ2つ書いてあるのかというと、先ほども書いたように商品によって差があるからです。

 

どちらも、全額返金保証が付いていますので、抑毛がどんなものか試すにはピッタリの商品だと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加